鞆の陶片について考える

touhen04.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 14日

鞆の陶片について考える

鞆の陶片について考える

 福山市の鞆(とも)の浦は瀬戸内海の良港として、万葉集の時代から知られ、江戸時代には北前船の寄港地として栄え、朝鮮通信使や琉球使節も訪れたそうで、現在でも江戸時代の港湾施設や町並みが残っています。そしてここには、びっしりと陶片の詰まった干潟があります。陶片の質、量ともに、広島では最大級の陶片海岸です。→地図

e0079606_7245881.jpg
e0079606_7261376.jpg
鞆の浦歴史民俗資料館前から見た鞆(上)と、江戸時代の常夜燈と周辺の風景

◆◇◆<目次>◆◇◆


陶片の拾える場所
 1.雁木下の陶片 
 2.焚場の干潟東側の陶片

鞆の陶片の特徴
 1.時代の古さ
 2.種類の多さ
 3.鞆の産業に関わる陶片
 4.陶片の量の多さ
 5.保存状態の悪さ

なぜ鞆に大量の陶片があるのか

終わりに

陶片窟本館(ブログ版TOUHEN-KUTSU)
[PR]

# by touhen04 | 2007-03-14 08:04 | 鞆の陶片について考える
2007年 03月 14日

鞆の陶片について考える

陶片の拾える場所 その1

 鞆の陶片はおもに二つの場所から出ます。一つは常夜燈や「いろは丸展示館」の近くの雁木の下。もう一つは焚場遺構のある干潟の東側です。(ここでは以下、焚場の干潟東側と呼びます)

雁木下の陶片

 雁木(がんぎ)とは荷揚げなどに便利なように作られた船着場の階段のような部分です。干潮時「いろは丸展示館」周辺の雁木の下に現れる狭い干潟からは、少なくとも江戸時代~昭和に至る、いろいろな時代の陶片、沈子(漁具)、ガラス製品を拾っています。ただし、ここは訪れた日の潮がよほど良い時でないと水に浸かっています。そんな時はゴム長靴で入っても、水が濁っているため探すことができません。その条件と場所の狭さ、また焚場の干潟東側に埋立計画があり、そちらを優先して歩いたため、ここから拾った陶片は多くありませんが、もし水面下のものも拾えるなら、割れた茶碗や皿の佃煮ができるほどあるかもしれません。

e0079606_6462711.jpg
これが雁木です。
e0079606_6421836.jpg
干潮時、狭い干潟が現れます。
e0079606_6432288.jpg
この場所で拾った陶片です。

雁木下の干潟で拾った陶片一つ一つの写真と説明はこちらです。→「鞆・雁木下の陶片
[PR]

# by touhen04 | 2007-03-14 07:04 | 鞆の陶片について考える
2007年 03月 14日

鞆の陶片について考える

陶片の拾える場所 その2

焚場の干潟東側の陶片
e0079606_626387.jpg

 昔、木造船の時代には、船底を焼いてフナクイムシの害を防いでいました。それが焚場です。船の修理もしていたそうです。江戸時代の焚場遺構が残っている干潟の東側、ちょうど焚場遺構と反対側の100mくらいが素晴らしい陶片海岸で、たくさんの陶片が散乱しています。
e0079606_6322110.jpg
ここで拾った中国陶磁や江戸陶片です。

焚場の干潟東側で拾った陶片一つ一つの写真と説明はここです。→「鞆・埋立予定地の陶片図鑑
[PR]

# by touhen04 | 2007-03-14 06:37 | 鞆の陶片について考える
2007年 03月 13日

鞆の陶片について考える

鞆の陶片の特徴 その1

 雁木下は狭い港湾施設内ですし、焚場干潟東側は生活排水が流れ込み、どちらも驚くほど汚い場所です。打ち寄せる波は汚れた服を洗った後の水のように濁り、泥はべたついて、夏など潮のかおりよりもドブの臭いの方が強いくらいです。しかし、ここから、主に江戸時代以降の食器や生活用品など、様々な陶製品が出てきます。私は去年、2006年6月から2007年2月現在まで9回訪れ、系740個前後の陶片を拾いlました。※1 この陶片は広島の他の海岸に比べて幾つかの特徴がありました。

時代の古さ

 特に焚場の干潟東側からは、かなり古いものが出ました。12~14世紀頃の中国青磁中国陶磁では?と思えるもの17世紀の肥前の青磁染付17世紀の肥前系陶器などが見つかりました。※2
 広島の海岸や川を歩くと、多くの場所で江戸時代の陶片に出会います。しかし、そのほとんどは18世紀半ば~幕末頃のものです。その頃に磁器、半磁器の食器が庶民の生活に普及したからだそうです。18世紀半ばに見えない線でも引いてあるかのように、これより古い時代のものは拾いにくいのです。今まで宮島からはたくさん出ていますが、それ以外では、古い港として栄えた呉市倉橋町鹿老渡(かろうと)、広島市の八幡川河口付近で少し拾っているくらいです。
 ところが鞆では、特に焚場の干潟東側では、それらの古いものが僅かの間に幾つも出ました。中国陶磁や17世紀の青磁の大皿などは宮島でも、一年間でそうそうたくさん拾えるわけではありません。これら特に古いものだけを見る限り、鞆は宮島に近いものが出る場所です。ただし、宮島から山ほど出る土器の類いは、鞆ではあまり見ませんでした。私には時代のよく判らないものが、ほんの少し出ている程度です。

※1 2009年1月現在、拾った陶片はずいぶん増えています。
※2 このブログの記事を書いた時点とはリンク先の記事が変わっていますので、2007年3月以降に拾った陶片の写真も混じっています。

[PR]

# by touhen04 | 2007-03-13 10:37 | 鞆の陶片について考える
2007年 03月 13日

鞆の陶片について考える

鞆の陶片の特徴 その2

種類の多さ

e0079606_1019223.jpg

 特に焚場の干潟東側からは、主に江戸中期~昭和戦前くらいの、ありとあらゆる食器、生活用品、地場産業に関するもの、建築材料などが出てきます。江戸時代のものでは、生活必需品としての飯茶碗小皿だけでなく、遊び心に満ちたお洒落な小皿や、化粧品などを入れた蓋物容器幕末の大皿の破片も拾っています。灯明具すり鉢陶製のおろし金、鞆の子ども達が遊んだであろう玩具もあります。陶器ではありませんが、ガラス製石蹴りも大量に見つかります。旧家を取り壊した時に出たのでしょう、豪華な染付の便器もありました。美しいタイルもよく出てきます。ここは鞆の人々の生活の記録が丸ごと眠る、まるで歴史民俗資料館のような場所です。
[PR]

# by touhen04 | 2007-03-13 10:19 | 鞆の陶片について考える
2007年 03月 13日

鞆の陶片について考える

鞆の陶片の特徴 その3

鞆の産業に関わる陶片

e0079606_9485891.jpg

 鞆の干潟には、他の海岸ではあまり見られない、鞆独特の陶片があります。保命酒の容器です。これは昔、不要になった容器を海岸に投棄していたからだそうで、いわば昔の産業廃棄物です。狸徳利をはじめ、いろいろなデザインの容器、様々な時代のものを拾うことができます。
 一方、鞆は港ですから、漁業に関係したものも大量に出てきます。特に目立つのは数センチの素焼きの沈子です。他の漁港も歩いていますが、こんなに拾える場所は少ないです。特に雁木下の干潟には多いです。また、陶器ではありませんが、焚場の干潟東側からは、平たい石に穴を開けたタイプの石製沈子も拾っています。これは瀬戸内海独特のものだそうです。
[PR]

# by touhen04 | 2007-03-13 09:57 | 鞆の陶片について考える
2007年 03月 13日

鞆の陶片について考える

鞆の陶片の特徴 その4

陶片の量の多さ

e0079606_941517.jpg

 陶片海岸と言っても、その規模、陶片の密集度は海岸により様々です。宮島からは大量の陶片が出ますが、陶片の出る場所は幾つかに分散し、比較的広い範囲に散らばっていて、一つ一つの場所で、一度に目にする陶片の数は、比べてみればさほどではありません。広島で陶片密集度の高い海岸と言えば似島の長浜海岸で、200~250m程度の場所に、陶片が佃煮にできそうなほど散乱していますが、鞆の場合は見た感じそれ以上で、焚場の干潟東側は、陶片が出る場所の規模こそ100m程度と狭いのですが、その密集度は異様なほどで、石と泥と陶片、瓦、レンガ、ガラス製品を練ってできあがった干潟とでも言いたいくらいです。陶片埋蔵量はどの海岸も私にはわかりませんが、宮島、似島とともに、飛び抜けて多量の陶片が埋まっている場所のようです。
[PR]

# by touhen04 | 2007-03-13 09:47 | 鞆の陶片について考える
2007年 03月 13日

鞆の陶片について考える

鞆の陶片の特徴 その5

保存状態の悪さ

e0079606_9185017.jpg
 陶片の古さ、質、量、どれを見ても広島では有数の陶片海岸なのですが、一つだけ不思議なのは、焚場の干潟東側から出る陶片の保存状態が悪いことです。明治~大正時代あたりの器などは、どこの海岸でも拾えますが、時代が新しいせいか、半分欠け程度の大きな破片で出てくることも珍しくありません。ところが焚場の干潟東側の陶片は江戸時代の陶片はもちろん、近代陶片でも、多くは細かい破片となって出てきます。
 なぜなのか。私は干潟を潮干狩り程度にですが掘ってみました。すると泥の中から出てきたのは、山ほどの石でした。自然の石だけでなく、石材として加工された痕のある石、あるいは石材によく使われるような材質の石が摩滅しないで、デコボコに角ばった状態で、次々出てきました。陶片はその間に挟まって出てくるのです。→そのときの状況
 この干潟は石がぎっしり詰まった場所でした。宮島でも、陶片がよく出る場所は石だの瓦だのが泥の中に詰まっていて、掘るのが大変でしたが、それにしてもここの状態は凄いです。薄い食器などは下敷きになって割れそうな気がします。陶片の多い場所のことを、私は「陶片の佃煮ができそうな」と表現してきましたが、ここの陶片は佃煮ではなくて、漬物になっているのかもしれません。
 また、鞆は江戸時代から港を整備するために、何度も埋立したり、石垣を築いたり、波止を作ったり、いろいろ海岸に手を加えています。ここの干潟は焚場の構築以外は、直接手が加わってはいないようですが、それでも工事の何らかの影響があったのかどうか、そのあたりはよくわかりません。
[PR]

# by touhen04 | 2007-03-13 09:20 | 鞆の陶片について考える
2007年 03月 13日

鞆の陶片について考える

なぜ鞆に大量の陶片があるのか

1.海底からの漂着の可能性について

 鞆は古くから栄えた港ですから、湾内の海底には船から捨てられたものなどが無数に眠っていそうです。しかし、江戸時代からの度重なる港湾施設の構築や埋立などで泥が溜まりやすい状態になっているそうで、遺物もその下に埋もれていると思われます。もともと穏かな瀬戸内海の良港ですから、荒波の影響も受けにくく、台風など余程の場合でなくては重たい陶磁器などは波打ち際まで移動しにくいのではと思います。これは宮島で、拾わなかった陶片が何ヶ月もほぼ同じ場所にあることなどを見ても、そう考えてしまいます。ただ、そうは言っても長い年月の間には、まったく移動がないとは限らないでしょう。鞆の陶片の中には海底からの漂着が幾らか混じっているかもしれません。

2.船着場周辺での船からの投棄

 かつて船が商品輸送の中心であった頃、鞆の雁木からは、たくさんの荷が揚げ降ろしされたことでしょう。また焚場のあった干潟にも船がたくさん来ていたことでしょう。当然、波打ち際近くで船から投棄されたゴミも多かっただろうと思います。鞆の干潟には、そうした商業活動の名残とでも言うべき陶片がかなり堆積しているのではと思います。

3.生活ゴミ・産業廃棄物の堆積

 雁木周辺は整備された港湾施設で、昔はとても賑やかな場所だったはずで、ここに生活ゴミも捨てられたのだろうか?とも思いますが、昭和の比較的新しい陶片など、拾わなかったものも含めて、かなりいろんな種類の食器、容器などがあるようです。川からの堆積はなさそうですし、やはりある程度生活ゴミも捨てられたのかもしれません。ただ何でもありの焚場の干潟東側に比べると、出てくるものの種類が限られているようにも思えますが、今のところサンプルが少ないので、これから拾っていくうちに判ることがあるかもしれません。
 一方、焚場の干潟東側は、かつては保命酒の要らなくなった容器などを捨てていたという話を聞いています。食器類や生活用品、建築材料なども、一定の範囲に集中して出てきます。明治や大正の文字の刻まれた墓石までが干潟の隅に転がっています。ここは生活排水が流れる、ごく狭くて浅い溝のようなものはありますが、川と言えるようなものではなく、陶片が堆積しそうな河口はありません。※1 あらゆるものの捨て場所となっていたのだと思います。焚場が使われていた頃には、そこでのゴミも捨てられたかもしれません。焚場遺構のある場所の反対側だけに、陶片が集中して出てくるのは、広島湾の各地の、アサリのよくとれる干潟や牡蠣養殖の杭のある場所の隅の方に生活ゴミの堆積があるのと似ていなくもないですが、焚場に近い側に陶片が少ないことについて、焚場遺構を調査する時に、掘り返しているようですので、その影響が幾らかあるのかどうかまでは判らないでいます。※2

 大量の陶片がなぜあるのか。これは他の海岸同様、細かい部分で判らないことが多いです。しかし、栄えた港町の生活ゴミと地場産業から出たかつての廃棄物の捨て場に、賑わった港の船から投棄されたゴミも加わって大きな陶片海岸ができあがったという、大まかな予想はたてられそうです。

※1 ただし、この溝から流れ出るチョロチョロとした水の跡に沿った部分には陶片がやはり多いです。特に小さい破片が中心ですが、この溝の昔の状態など、もっと調べて再考する必要もあるかもしれないです。

※2 3月11日に鞆の浦歴史民俗資料館を訪れ、焚場の調査の件について、いろいろ教えて頂きました。これについても、もう少し調べてみたいと思います。
[PR]

# by touhen04 | 2007-03-13 08:57 | 鞆の陶片について考える
2007年 03月 13日

鞆の陶片について考える

終わりに

 
e0079606_874985.jpg

 焚場の干潟東側は鞆の架橋工事に伴う埋立予定地です。戦後、仙酔島に面した東側の海岸が埋め立てられて、朝鮮通信使の絶賛した風景もずいぶん変わりました。ここは僅かに残った江戸時代の干潟です。埋立計画では新たに干潟を作るそうですが、干潟の泥の中の歴史を再生することはできないでしょう。悲しいです。ただ、私は鞆の住人ではありません。月に一度、戦後の埋立地にできた県道を走るバスに乗って、鞆へ来るだけの私が、地元の方に不便を忍べとは言いにくいです。どんな結論が出るにせよ、せめてこの干潟から、かつての鞆の津の繁栄のかけらを掘り起こし、港町の賑わい、人々の日常を少しでも拾い集めることができればと思っていますが、時間がないかもしれません。
[PR]

# by touhen04 | 2007-03-13 08:09 | 鞆の陶片について考える